高品質鉱物の専門販売ショップ【峠の石屋】

選りすぐりの鉱物画をご覧下さい

ホーム鉱物図版【鉱物図版】 Das Mineralreich / Dr. Reinh Brauns(1912年発行2版/440頁/多色石版画73葉)
鉱物詳細

【鉱物図版】 Das Mineralreich / Dr. Reinh Brauns(1912年発行2版/440頁/多色石版画73葉)[MBK03]

販売価格: 120,000円 (税込)
ドイツの鉱物学博士であるラインハルト・ブラウンスによる、美しい鉱物図版です。
初版は1903年で、こちらは1912年の第2版になります(当方初版は一度も見たことが無く、存在するとすれば数倍の値は付くでしょう)。
アンティークショップではバラでも8000〜15000円ほどの値で取引されており人気があります
ラインハルト・ブラウンスは、ドイツのマールブルク鉱物学研究所のトップであった Friedrich Klockeの後継者として、1885年から1915年まで講義や演習を行ってきました。
Das Mineralreich(鉱物王国)は440ページで、多数のテキストと、73葉の多色石版画と10数葉の白黒のプレートによって構成されています。

ラインハルト・ブラウンスにつきましては、以下のサイトが参考になります。
http://www.freundeskreis-mineralogisches-museum-marburg.de/aktuelles/

この本に使用されている鉱物は、現在マールブルク鉱物博物館に所蔵されています。
マールブルク鉱物博物館は約 45,000点の鉱石、50,000点の岩石標本、数千点の宝石標本、150点の隕石を所蔵しています。
このヘッセン最大の鉱物コレクションは、専門家の間ではドイツで最も重要なコレクションの1つであると評価されています。

サ イ ズ 29 x 21cm(プレート1枚当たりのサイズ。総重量は 3120g)

本の状態は、一部のページが本から外れかかっておりますが、目立つシミもみられず100年前の本としては非常に良いです。
一部のプレートに小さな汚れがございますが、美観を損ねるほどではありません。
古い本に理解のある方でしたら、満足して頂けるかと思いますが、新品同様を望まれる方は購入をお控えくださいませ。

市ノ川鉱山の輝安鉱が表紙に使われており、日本の鉱物コレクターにとってはたまりません。
多色石版画の金属鉱物については、金属光沢のあるプリントがされており(金箔や銀箔を貼っているのか?)、まるで本物の鉱物を思わせます。金や銀もキラキラです。
紙はマットな質感で厚みのある良質のものです。
鉱物画は実物には敵わないと思ってらっしゃる方も、是非ご覧になってみてください。
写真で見るより、実際の本の方が発色が綺麗です。

これらの美しい図版は、時にバラにされて額装されて売られます。
ですが、こちらは折角の完品ですので、バラさずに一冊の本として楽しまれることを当店ではオススメ致します。
本でしか楽しめない美や感覚(アンティークな紙のにおいやページをめくる感覚、ドキドキ感)、重厚な雰囲気もございます。

添付写真以外にも多くの鉱物が掲載さてております。
一部モノクロで発色が悪いですが、以下のarchive.orgが参考になります。
https://archive.org/stream/bub_gb_zRxaAAAAYAAJ#page/n0/mode/thumb
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス